Library Cafe Zen-Zen
インフォメーション

然々について

イベント・カルチャー教室

パーティー

本の紹介

ランチ・カフェ・ディナー・パブタイム

倶楽部然々

然々アーティストクラブ

日々然々


トップページへもどる

event&culture


「うろちょろ」 陶芸作品展  2004/6/3〜6/15
作者:大村智成

大村智成氏との対談
陶芸を始めた時期ときっかけを教えて下さい。

6年前になりますが、笠間の陶芸教室で教えていただき作ったものが、ある方(自分のとても尊敬する)にとてもほめられまして。それが嬉しくて病み付きになってしまいました。いまだに忘れられません。

大村さんにとって陶芸の魅力とは?

市販の出来合いのものを買うのではなく、自分で好きにデザインし好きなように作れるところでしょうか。自分の生活の中でも、料理に合わせ全部食器は作っています。これはどういう皿に乗せたらおいしく見えるのかいつも考えています。料理以外でも、植物が大好きなので、植物に合った鉢を作れるのが嬉しいです。

独特の作風ですね?

装飾も色々試したのですが、最終的に自分にとってシンプルなものが一番だと気づきました。
余計なもので色を付けづに、シンプルな線と面と立体の組み合わせで特徴を表現したいと思っています。
犬や猫も大好きなので、シンプルなデザインで造るとどうなるか?飼っている猫や犬をいじりまわしています。

将来はどんなものを作ってみたいですか?

人間味のある線でスパッと切ったような和食器なんか作ってみたいですね。
魯山人を目標にしてますから。(笑)

今回の作品展『うろちょろ』はどんな作品展にしたいですか?

然々の素晴らしい庭を持つ、素敵な広々とした空間で作品もきっと生えると思います。
短期間ではありますが、空間プロデューサーになったつもりで店全体を使って飾ってみたいと思っています。そしてシンプルな作品でありながら、目一杯動きを表現出来れば思います。

広々とした空間を、大村さんの作品が縦横にウロチョロ動き回る事と思います。とても楽しい作品展を期待しています。

作品展写真

BACK


© 2003 Library Cafe Zen-Zen. All Rights Reserved.
茨城県ひたちなか市松戸町2-8-17(松戸体育館横)