Library Cafe Zen-Zen
インフォメーション

然々について

イベント・カルチャー教室

パーティー

本の紹介

ランチ・カフェ・ディナー・パブタイム

倶楽部然々

然々アーティストクラブ

日々然々


トップページへもどる

event&culture


「五十人五十の彩」 絵てがみ教室展  2004/6/30〜7/13
作者:茅根啓子

茅根啓子氏との対談
籐や絵画をはじめ多彩な茅根さんの絵てがみ、今回は生徒さん達の作品展になりますね?

はい、絵てがみ教室は新しくはじめた「然々」の教室を入れると8教室になります。
生徒さんの数は100名弱、古い方は始めた当初からの方で9年くらいのキャリアの方から始めたばかりの方まで様々です。

随分多い教室、多い生徒さんですがそんなに増えた茅根教室の魅力は何だと思われますか?

私は型にはまった教え方をしません。
それぞれの個性を大事にすることを心掛け、皆に好きなように好きなものを楽しく描かせていることだと思います。
また、生徒が描きたくないとき、気分が乗らないときでも描かなくていいから、おしゃべりするだけでいいからと、休まないよう教室に誘います。
結果、描かなくても楽しかったと、そんな自由さが長続きしているのではと思います。

今回の作品展のテーマは?

皆それぞれの個性を表現したくて「五十人五十の彩」としました。
ひとつのテーマをつけてしまうと、皆題材が同じようなものになってしまって見る方が面白くなくなってしまいます。
今回は皆それぞれの個性を見てもらいたいと思います。


作品展の搬入日は多くの生徒さんが、茅根さんの手足となって一所懸命動かれている。対話を聞いていると何年来の友達のようだ。
気取らず、奢らず、自由にフランクにそんな茅根教室の魅力を垣間見た気がした。

作品展写真

BACK


© 2003 Library Cafe Zen-Zen. All Rights Reserved.
茨城県ひたちなか市松戸町2-8-17(松戸体育館横)