Library Cafe Zen-Zen
インフォメーション

然々について

イベント・カルチャー教室

パーティー

本の紹介

ランチ・カフェ・ディナー・パブタイム

倶楽部然々

然々アーティストクラブ

日々然々


トップページへもどる

event&culture


「ブルーの世界」
日本画展  
2004/8/25〜9/7
作者:黒羽裕子

黒羽裕子氏との対談
絵を始められたきっかけと時期を教えてください。

両親が絵を描くのが好きだったことから影響を受けたのか、子供の頃から絵を描くのが大好きでした。
小さい頃から地面に石ころで絵を描いて遊ぶのが好きだったのを覚えています。絵を習い始めたのは小学校1年生からで、中学に入り高校までは油絵やアクリル画を描いていました。

日本画を始めたのは?

大学に入ってから日本画を習いましたが、本格的に始めたのは25歳のときです。
日本画の画材と色にすっかり魅せられてしまいました。

ギャラリー以外の個展は初めてとのことですが?

はい、この店(然々)がとても気に入ってしまい、ここでなら是非してみたいと思いました。
この店の駐車場に入ったときから、他と違う「風」、そして「空気」を感じました。この店の空間に合う、また壁面に合う絵を描きたくなりました。
この店にも日本画が、そしてブルーの色が合うことを表現したくて、この作品展のためだけに30点余り描きました。
これも自分で店が気に入ったからこそできるものと思います。

「ブルーの世界」というタイトルですが?

海が大好きで、毎年シュノーケルをつけてダイビングを楽しんでいます。
そこでこの「青い世界」に魅せられてしまい、好きなブルーで好きな題材を描いています。
見ていただいた方が安らぎを感じたり、楽しくなっていただけたらとても嬉しいです。


夏真っ盛りの時期に店内を涼しげなブルーで飾っていただくけること、お客様も喜んでいただけると思います。
然々では日本画初登場でもあり、楽しみにしています。
普段日本画に触れることの少ない方々を始め、多くの方に見ていただきたいと思います。
涼しげな「ブルーの世界」を楽しみにしています。

作品展写真

BACK


© 2003 Library Cafe Zen-Zen. All Rights Reserved.
茨城県ひたちなか市松戸町2-8-17(松戸体育館横)