カフェ然々の『ペン淡彩画教室』の人気はセンスと先生だった!

15年続いているペン淡彩画教室

 

ペン淡彩画って、なあに?

耐水性インクで描いた線の上に透明水彩絵具で彩色する技法です。

  • デッサンや着色のコツを学ぶことで美しくおしゃれな作品が描けます。
  • お気に入りの額などに入れ自分流のインテリアとして楽しむことができます。
  • 画材は一式6000円程度で揃います。
  • 体験ご希望の方には画材の貸し出しもしておりますので、お気軽におためしください。

教室の概要

毎月第2、4金曜日開催

13:00~16:00

受講料 2700円 (お茶・デザート付き)

教室風景

2.8教室

 

 

作品たち

人気の秘密を探ってみた。

 

この教室に通うきっかけは?

*店に飾っている絵を見て、自分でも描いてみたいと思って。
*然々の店の常連で、教室をしているのを見てやりたくなった。
*趣味が山登りや旅行で、旅先で描けたら楽しいだろうと。
*通っている友達から誘われて、はまってしまった。
*絵手紙に飽きてしまって。

 

続いているのはなぜ?

*先生が優しくて、楽しい。
*ジャズが流れておしゃれな店の雰囲気が大好き。
*お茶の時間が楽しい。
*来てる方たちが皆良い方で、月に1度会うのが楽しみ。
*安心して通える。
*参加した時だけの会費なので、ありがたい。

 

講師プロフィール

ひたちなか市在住

1993年美術集団「ノンブラック」に入会。
本格的に油彩画に取り組む。
その年東京美術館で開催される「創造展」で初出品にして初入選。
さらに翌年には見事『新人賞』を受賞。
毎年、県民文化センターで開催のノンブラック展に連続出品。
県知事賞を始め受賞多数。
天心記念五浦美術館で2002年からスタートし、2年に一度開催される『双風展』(選抜作家約10人による合同展)には初回より出品している。

 

 

 

 

 

 

ブログ『続 日向の薫り』 https://hinata-no-kaori.blog.so-net.ne.jp/

ブログ『続々 日向の薫り』 https://zokux2-hinatanokaori.blog.so-net.ne.jp/?from_sp

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。